FC2ブログ

ドラゴンとちびっこギャング

お殿様な 龍(茶トラ白MIX)とのほんわかな日々

座瘡談。






※本日はお話とは関係のない、
かわゆい殿下のお写真をお楽しみくださいw(*^m^*)




さてさて、昨日のお話の続きです。



尿検査などした事がなかった頃の
龍殿下のお食事は

ペットショップや普通のお店で売ってるご飯でした。
(ロ◯ヤルカナンとかサ◯エンスダイエットとか…)

だけど数ヶ月同じ物を食べていると
突然ぱたっと食べなくなるので
1回のお食事で3種類くらいを混ぜて
一袋なくなると違う種類を買って…
(例えば“毛玉ケア”から同じメーカーの“ライト”に変えるとか…)
と、味に変化をつけて食べさせてました。


いつからか、数ヶ月とか数週間おきに
昨日の写真のように焦げ茶色のちっちが出たり…。



それで、尿検査したら結晶が出たり
Ph値や比重の数値が高かったりして療法食になったりしたので

毎日食べてるご飯を見直す事にしたのでした。





…ネットで色々調べているうちに
合成保存料が気になってみたりとか

“猫さんにコーンは不要!”とか
“日本のペットフードは必ずしも安全ではない”
な~んて話も読んじゃったりとかして(^^;


行き着いたのが、今差し上げている

ドイツのボッシュ社のザナベレというシリーズのウリナリーです。


でも、ザナベレの口コミみたいので

「下顎座瘡ができやすい」

と書かれていたのも読みました。


だけど!!

泌尿器系疾患と下顎座瘡、どっちを選ぶ?







……そして母は泌尿器系疾患を選びました。




今回の尿検査で引っかからなかったら


オヤツであげていた、
イタリアのサニーペット社のFORZA10 active lineシリーズのウリナリーに
切り替えようかと考えてたのだけど…。

(これまでも、他のウリナリー系のご飯への切り替えを試してみましたが

“アニモンダ”はお腹を下し

“ワイソング”はガンとして食べなくて


結局ザナベレから変えられず…。)




そのことをすべて先生にお話しましたら



それまで座瘡が出来にくい体質だったのが

ご飯を変えた事によって
座瘡が出来やすい体質に変わったのは
納得の行く話です。

食べ物が身体を作りますから。



猫さんが歳をとって

色々な病気が重なってきたら


やっぱり「どの病気を優先して治す?」


と言うことになるから

母の考えで良いと思います。



…とのことでした。



とりあえず、ご飯はザナベレのまま

オヤツをactive lineのウリナリーに戻し
(2月1日からactive lineのインテスティナル アクティブに変えていた)

1、2週間後に検査して異常がなかったら

それからまた、ご飯を考える…
という流れで行くことになりました。






とりあえず今は殿下のご飯とオヤツの到着待ち。

早く来ないかな~!!



殿下はいつも通りたくさん遊び
相変わらずオモチャを咥えて離さず
ボロボロに破壊されて( ̄∇ ̄;)


相変わらず甘ったれで母のお膝を所望されていますw









先日、キャリーバッグの中で憩いけっていらっしゃる
お写真のお話を載せて

「お出掛けしたいのかしら?」

なんて書きましたが


あの写真を撮ったのが11日。


濃いちっちをしたのが14日。



もしかして

『余を病気へ連れて行くのじゃ!』


という殿下の訴えだった…?



な~んて、ふと思ってしまった母なのでした(^_^;)


母の思い過ごし?


でも賢い殿下なら



あり得る話…??



もしそうなら…


ごめんね、気付いてあげられなくて…(>_<)






ランキングに参加しています!
ポチポチッとしていただけると嬉しいです ♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログへ


『今頃知ったのか、このたわけ者めが!』
スポンサーサイト



[ 2013/02/20 21:27 ] 龍と病院・病気 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック:
この記事のトラックバック URL