FC2ブログ

ドラゴンとちびっこギャング

お殿様な 龍(茶トラ白MIX)とのほんわかな日々
-別アーカイブ  [ 2012-07- ] 

受難日。






前回のフロントラインプラス滴下が5月30日だったので
そろそろ次をやっておかなくては…と思っていたけれど
家族みんな忙しく、うちでは出来なくて…。
(すみません、母一人では出来ません…)

3日に、歩いて1分の動物病院で滴下していただきました。

薬の説明書には、“肩甲骨の間”と書かれているけれど
病院では後頭部に滴下。
「肩甲骨だと舐めちゃう子多数で、うちではココにする事にしました。」
とお聞きし、「なるほど、そこなら絶対舐めれない!」と感心したのですが…。


うちに帰って来たら…

●背中の毛を逆立てて、リビング中走る

●薬滴下したところを後ろ足で掻く

●リビング中走り回り、物陰に隠れる

…というのを繰り返し始めました…(>_<)


もしかして、滴下したところにかさぶたとかがあって、滲みてるの?!

それとも、目、耳、鼻なんかに違和感があるの?!


窓辺のカーテンの裏に隠れてほとんど出て来ず
たまに出て来た時に撫でようとしても、『嫌っ!!』と走り去る…。

まるで手負いの獣のようです…( ノ_<。)グシュ


洗い流す訳にもいかないし、また病院行く訳にもいかないし
ただ見守ることしか出来ませんでした。


それでも母がお風呂から出てくる頃には





カーテンから出て来て、椅子の上でお休みになられてました。

リビングにいる家族も減ったしね。






後頭部がケバケバ…。

写真を撮ったあと、顎の下をナデナデしたら、
ノドをゴロゴロ鳴らしてくれました!!

徐々に状態は落ち着いてきたみたいです(*^^*)




母の事をかなり避けていらっしゃるので、
多分この“嫌なこと”は母の所為だと思っている模様…(;´Д`A

確かに病院連れて行ったの母だしね…。

ごめんね…でもこんな事になるなんて
これっぽっちも思わなかったのよ~!!



“手負いの獣”な状態でも
お出掛けのご褒美のスープタイプのおやつ(モンプチ)は
お皿が減りそうなほど完食し、
人間の夕食時のおやつ(昨日は胸肉)もカーテン裏であっという間に完食し、
ご自分のお食事も完食した龍殿下。

吐き戻したりしていないし
あと母が出来ることは“いつも通り”に振る舞うこと。

たとえ“寝かしつけ”時に
母にベッタリせずに窓際のベッドでご就寝されても
母はいつものところで、いつも通りに、いつものことをする。

母がうろたえては、それが龍殿下に移ってしまいますから…。


その甲斐あってか、
小一時間ほど経ってから窓際のベッドから『ウナッ!』と言う小さな声が聞こえて
トコトコと母のところにやって来て
母の腕を腹枕にして、またおやすみになられました(*^^*)


なんだか去年の9月から、殿下の受難の日が続いている気がする…。
(ハゲ騒動、血液検査で引っかかる、5月末ノミ騒動…その前にも何かあったような…)


再度お部屋に戻ったらいつもの殿下だったのですが
なんと今日から近所の道路で工事が始まるのです…_| ̄|◯


早くこんな受難のループから抜け出したい…!!(>人<;)




ランキングに参加しています!
ポチポチッとしていただけると嬉しいです ♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログへ


『母上の事、ちょっとだけ許すのじゃ!』




スポンサーサイト



[ 2012/07/04 10:34 ] 龍と病院・病気 | TB(0) | CM(0)