FC2ブログ

ドラゴンとちびっこギャング

お殿様な 龍(茶トラ白MIX)とのほんわかな日々
-別アーカイブ  [ 2012-03- ] 

心配性。






龍殿下のお食事のストックは、地下室にしまってあります。

地下室の跳ね上げ戸を開けると、もちろん!





覗きにくる龍殿下。
(近すぎでブレブレ…。)

……が。






『母上!上…上!!』

…最近カチッと止まるはずの戸が、ジワ~~っと下りてきてしまうのです。
なので以前のように、大胆に覗きにくる事もありません。




数日前、夕食準備中に突然翌日分のお米がない事を思い出し
しまってある地下室へ…。






うちは30キロの玄米を買って地下室で保存し
5~10キロの袋へ移したのを台所に置いておきます。
上の写真、買ってきた直後ですが
よく見るとこの袋、上下逆さまで口が下なんです…。

地下へ入れてくれたのが、ご飯にはお世話になっているけど
お米には縁のない義兄上と甥っこで、この状態のまま地下に入れてありました。

当然ひっくり返さないといけないので
「ふんぬ~!うをを~!おりゃあ~!」などなど…σ(^_^;)
普段出さない声を出しながら四苦八苦してひっくり返しました。



いつも地下へ入ってるよりも長く入っていたからか
母の唸り声が聞こえたからか
移し終わったお米を持って地下室から頭だけ出すと、





なんだか心配そうなお顔で待っていました(*^^*)
動く戸が怖くて少し離れた場所で出待ち。

殿下に心配していただけるなんて、母は感激ですよ~w






『母上、よもや墓場から蘇ってきたのではあるまいな…?』

失礼しちゃうわねっ!
ちゃんと足、ついてるわよっ!!



この地下室の引き上げ戸があるのは、ちょうど玄関との境にあるドアの前。

小袋のお米を小学生の甥っこに渡し、
私は大袋の口を締めにもう一度地下室へ入ったところで
おばあちゃまが夕ご飯を食べにいらっしゃいました。
(近所に住んでいるので、毎晩うちで食べてます)

地下に落ちたら大変なので、一度引き上げ戸を閉めてもらい
おばあちゃまが通ってから開けてもらいました。

そして再度頭を出したら、
『母上~大丈夫でごじゃるか~!(うなぁ~~!)』
と、尻尾を立てて駆け寄って来てくれたのです!
母、またまた感激~~!(T ω T)


嬉しくてかわいくてカメラを向けたら、
『なんだ、大丈夫なのか…。』
と、くるりと方向転換…。

いいじゃん、写真くらい撮らせてくれても~!
龍殿下のケチんぼっ!!




いつも応援ありがとうございます!
よろしければ本日もポチポチッとお願いします♪
人気ブログランキングへ

にほんブログ村 猫ブログへ


『写真撮るほど元気ならば、心配など無用であろう?』
スポンサーサイト



[ 2012/03/28 10:09 ] 龍〈りょう〉 | TB(1) | CM(2)